読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らーく赤黄族の戯言

赤黄大好き底辺エージェントの戯言

査定緩和したからこそ出来る勇気の荒技



みなさんどうもお久しぶりです!

イベントが始まりましたね!

私は武身でサクッと終わらせました(∩´∀`∩)

あのレギュレーションは個人的には好きでしたw

なんかハチャメチャ出来る感じがよかったと思います!



さて、ここからが本題

私はここ新オリボ環境になってから頭を抱えております

減って欲しかった憎い悪魔トリロスがまたしてもこの環境でオラオラ現れております


正直ここ2日間は燃えておりました(だいたい2000くらい)

赤黄で勝てない環境で苦手なトリロス対面ばかりで吐きそうになりながらJをやってました

色んなデッキに現実逃避しても負けて負けての繰り返し

今日イベントが終わって全国やるのが怖かったです、もはやトリロスはトラウマです


とりあえず赤黄C

f:id:rarkkk:20151226014350j:plain


このデッキで1戦だけ様子見で全国やった結果…


対面トリロス……


(⌒‐⌒)(⌒‐⌒)(⌒‐⌒)(⌒‐⌒)(⌒‐⌒)(⌒‐⌒)(⌒‐⌒)(⌒‐⌒)(⌒‐⌒)(⌒‐⌒)


さっそくですか……そりゃ真顔になりますよ

結果はボコボコにやられて負けました


そっから私の中で何かが爆発しました

前から考えていたオリボD赤黄を迷いなく握りました

もうこれしかねえ…これで勝てなかったらしばらくJはしないと心に決めていました


査定緩和したおかげでQ4でもDを握っても320/320で勝率50%でも±0

昔に比べたら気楽だと思います

この査定緩和の影響でオリボDを握ってるやついんのか?ってくらい私は頭おかしいと思います

そんくらい追い詰められていたってことですね( ゚д゚)、ペッ


そのオリボDデッキがこちら

f:id:rarkkk:20151226014419j:plain


タッチでミューズを採用いたしました!

f:id:rarkkk:20151226015004j:plain


ただ、ミューズの効果がエラッタで修整が少し前に入ったので他に緑がいないとミューズがミューズをサーチしません!

それでもやはりトリロス相手には心強い味方です!

あと秩序も優秀ですね!(フレイミーはやめてください)

ocしようが進化がこようと出したターンは攻撃が出来ないのは本当にありがたいです!

相手は大きくなれないですね(⌒‐⌒)


あとは装填を2から3にしてミューズの為に石を使いたくないので回転速度を上げました!


このデッキの唯一のオリボカード

やはり抜けないダークマターこいつはなんやかんや強いです

f:id:rarkkk:20151226014905j:plain

緑相手とガン伏せしてくるトリロスに脳汁吹き出しながら打ちます

あとは忘却創生を漂わせるデッキとかにも全部破壊してくれます

私の中でもうこいつはお気に入りのカードです


ただ私が赤黄に絶対入れていた人の業

f:id:rarkkk:20151226015441j:plain


このカードを抜かないといけないっていう私的には非常に不安です

進化の行動権を落としたり更地の進化で1点は今まで数え切れないほど助けられてきましたからね…

なんとか1枠空けて組み込みたいところです!


しかし環境的にどうなんでしょうか?

結局トリロスを見ての構築なのでどうせ割られると考えるとこれがいいのかもしれませんね

しばらく様子を見ていきたいと思っております



【今日1日の使用感】


ミューズがいることによって相手の得点力は目に見えて減っています

ミューズで止まった相手のモンスターにこちらがブブなりシヴァなりマーヤで焼いて更地にしたりしてライフ差を付けたりなど後攻からでも焦らず捲っていけると今日実感いたしました


ミューズが大して効かない相手にはocを作って投げたりとかも出来るので全然アリだと思います


ユニットを30枚と比較的多い構築にしたのでかなり重なりやすくなってドローエンジンも積んでいるので1周する速度は格段と上がりました


赤黄が苦手なトリロス、珍獣相手に動きを止めてくれたり

舞姫が最近流行っている中、装填でミューズを引っ張ってくれるメリットなど


ただ、デメリットとしてはCで組みたいんですけど何を削ればいいのかわからないのが…

装填を2にしてもいいとは思いますが、ちょっと怖いのでw

これも全て査定緩和というDデッキを握っても50%で±0というゆとりのあるCOJになったからこそ出来る荒技だと思ってます



もし、どっかで行き詰まってしまった方!

勇気を出してDデッキを握るのもアリなのかもしれないですね!(∩´∀`∩)


トリロスという苦手な環境のおかげで私はまた新たな思考と構築が発見出来たのが今回大きな収穫になったと思います!



余談ですが

まだ赤黄で勝ててよかったとホッと一安心しました